オール電化に悩む前に大阪で給湯器について考えてみた

オール電化に悩む前に大阪で給湯器について考えてみた結果

速攻でお湯が欲しい!

速攻でお湯が欲しい!

お湯を得るためには、赤い目印のついたレバーやハンドルを回せば出ます。

しかし、お湯が安定して出るためには少々時間がかかったりすることがよくあります。

これは、お湯を作っているところと、お湯の出口までの距離が関係しているようですね。

水は基本的にトコロテン方式というか、次のものを入れて押し出さないといけませんので、前述の距離が長いほど、冷たい水が出る時間が長いのはあたり前ですよね。

それ以外の理由となると給湯器自体の不具合があるのかもしれませんね。

直ぐにお湯が欲しい時は、室内用の小型のものを取り付けることをお勧めします。

ちなみに、私の従兄弟が大阪のとある大学に進学して一人暮らしをしているのですが、やはり、お湯の出が悪いとのことです。

私も九州内の大学で一人暮らしをしていた時は同じでしたので、大阪、九州関係なく一人暮らし用のマンションという建物上の問題なのでしょうか?もちろん設備が古いというものあるのかもしれませんけど、きっと給湯器から蛇口までの距離が長いのでしょうね。

オール電化に悩むところ

大阪は日本でも有数の大都市の一つであり、とにかく食事が美味しいことで有名ですね。

また、近代的な工業地帯も近く、世界的に有名な古都も近いので、マイホームを建てて永住したいぐらいですね。

もちろん、人があまりに多いのでそれなりに犯罪率も高いようですが、危険な時間帯に出歩いたりしなければ特に問題はないでしょう。

またマイホームに防犯装置もつけたりすればより、安全となるはずです。

2011年の震災以降、色々なところで電力問題が騒がれているので、マイホームにはソーラーパネルをつけて日々の電力をまかなうのも良いかもしれませんね。

大阪は雨量もたいしたことはないようなので、きっと晴れが多く発電量も増えそうな気がします。

とはいえ、全てを電力でまかなうのも、危険な気がするのでガスも合わせて使いたいところです。

給湯器を大阪で買う

ガスを使うのはキッチンとお風呂の給湯器ぐらいしか思いつきませんが、最近はオール電化も進んでいるようで悩みどころです。

キッチンぐらいは、電気式の小型給湯器でも良いかもしれませんが、お風呂は悩むところですね。

まずはランニングコストや設備コスト、耐用年数などを考慮にいれて専門家と相談ですね。

Comments are closed.